仕込み開始!蔵へ見学してきました。

百済寺樽の仕込みがいよいよ始まりました・・・!

仕込み担当は喜多酒造さん!

朝8時にお邪魔しましたが、既に百済寺樽のもととなるお米は蒸しあがっていました。

60%に磨かれた酒米「玉栄」の蒸米です。

オーナーさん、酒米組合、お日様・・・みなさんの努力あってのお米です。

純白・・・!(お米の甘みを感じました)

 

 

少し冷ましてから、一気に酒母が待つタンクへ。スピード勝負です。

三回に分けて仕込むのですが、こちらは最初の「添え」
杜氏の四家さんは軽々ですが、結構混ぜ合わせる作業は力がいります!

微生物がお仕事をするのを数日待ちます。

またどうなったかは後日レポートします(*´∀`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です