酒米は努力の結晶

百済寺樽の原料米は玉栄(たまざかえ)という滋賀県が原産地である酒造好適米🌾

「百済寺酒米生産組合」は、よい米を育て、この地を守るため、有志のメンバー11人で生産にあたっています。

自分たちの土地の田んぼにプラスして、組合での作業もしています。

なかなかハードですが、百済寺の土地や美しい景観を守るために使命感にかられています。

そしてこちらがその努力の結晶!今年の玄米です(^^)👌

磨きに磨かれ、お酒🍶になるまでもう少し先ですが、百済寺樽を飲んで笑顔になる方々を想像しながらあとは待つのみ。

百済寺樽を通じて、百済寺地域の良さを知ってもらいたいというプロジェクトメンバーの想いもお酒の味に反映されますように。

JA湖東さんで検査を受けたあとは喜多酒造さんにバトンタッチ!👍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

藤田 彩夏合同会社グリーンラボラトリー 代表
地域住民と地域活動に取り組み、合わせて自治体や企業の農林漁業分野のコンサルティング事業も展開。百済寺樽プロジェクト発起人および代表。 生産地である農村部と消費地である都市部を繋ぐ取り組みと得意とし、マルシェの企画運営も行っています。