酒米は努力の結晶

百済寺樽の原料米は玉栄(たまざかえ)という滋賀県が原産地である酒造好適米🌾

「百済寺酒米生産組合」は、よい米を育て、この地を守るため、有志のメンバー11人で生産にあたっています。

自分たちの土地の田んぼにプラスして、組合での作業もしています。

なかなかハードですが、百済寺の土地や美しい景観を守るために使命感にかられています。

そしてこちらがその努力の結晶!今年の玄米です(^^)👌

磨きに磨かれ、お酒🍶になるまでもう少し先ですが、百済寺樽を飲んで笑顔になる方々を想像しながらあとは待つのみ。

百済寺樽を通じて、百済寺地域の良さを知ってもらいたいというプロジェクトメンバーの想いもお酒の味に反映されますように。

JA湖東さんで検査を受けたあとは喜多酒造さんにバトンタッチ!👍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です