百済寺町ってどんなところ?

日本のまんなか、びわ湖を有する滋賀県。

その中でも、本プロジェクトの拠点である

百済寺町(ひゃくさいじちょう)にしかない特徴をご紹介します。

 

びわ湖の東っかわ。東近江市百済寺町

百済寺町から見える景色

田園風景が続きその先に、日本最大の湖であるびわ湖が見えます。

 

山あいにある地域「百済寺町」。

ゆっくりとした時間が流れ、美しい農村が広がっています。

百済寺町には約100人の人たちが住んでいて、自然の声と農作業の音が響いています。

公民館のベンチから見える景色は絶景です。

標高約270mと高い位置なので、夏には花火がなんと!見下ろせます!

 

目を閉じて五感を研ぎ澄ませば、なんだか自然とひとつになった気分になります。

 

また、紅葉の名所として知られる湖東三山のひとつ「釈迦山 百済寺」があるのも特徴です。

百済寺町では「釈迦山 百済寺」に関わる歴史や行事が今でも続いています。

 

意外とよいアクセス!公共交通機関のみで到着可能

そんな大自然を有する百済寺町ですが、都市部からのアクセスがとても良いです!

  • 名神高速バス停「百済寺」から徒歩15分。

バス停からは坂道ですが、自然を感じながら歩けるので気持ちがすっきりします。

京都発、名古屋発の高速バスがそれぞれ1時間に1本程度の間隔で走ってます。

車がない方でも来れる田舎は嬉しいですよね。

 

  • 車だと、大阪・名古屋から1時間半。京都から1時間。

名神高速道路「八日市IC」または「湖東三山スマートIC」を出て約15分

 

田舎の道は狭いあるあるをよく聞きますが、

百済寺町までの道のりはしっかり整備されていて、道も広いですよ!

ドライブ初心者さんにもオススメです。

 

都市部から少し足を延ばすことで、豊かな農村の暮らしに触れることができます。

 

 

豊かな自然、いきものとの出会い

こんないきものたちがたくさんいます!

サワガニ、カエル、ホタル

その他もたくさんいますよ〜!

 

 

東近江市は関西圏で一番の農地面積

百済寺町が位置する東近江市は関西圏一番農地面積が多いのです。

 

高い建物もないので、見渡す限りの空の広さを感じられます。

農地面積が多いということは農業者数も多いということです。

特に滋賀県は「兼業農家」の割合が多い県です。

本業は別にあって、農地を持っている、サラリーマン農家がたくさんいます。

 

 

百済寺酒米生産組合

2017年7月に発足した百済寺酒米生産組合。

この地域の特産品である「百済寺樽」の原料米である玉栄(たまざかえ)という品種を主に生産しています。

 

玉栄は滋賀県が原産地である酒造好適米。

 

よい米を育て、百済寺の自然を守るため、有志のメンバー11人で生産にあたっています。

ほとんどが兼業農家で、おやすみの日に作業をしています。

しかも、自分たちの土地の田んぼにプラスして、組合での作業。

 

なかなかハードですが、地域の農地を耕すことで、美しい景観を守り、さらには農業も守れるので、みんな使命感にかられています。

百済寺樽を通じて、百済寺地域の良さを知ってもらいたいというメンバーの想いもお酒の味に反映されますように。

 

 

百済寺町のスポット

小さな集落ですが、歴史は古いです。

岩上神社

通称岩神社。地域の方いわく、御神体が岩だそう。

毎年4月の1週目の日曜日には、五穀豊穣をいのる大祭があります。

昔から田植えの前に行われてたのでしょう。

神輿には岩が入っているのでとっても重いです。

 

公民館

ベンチから見える景色は最高です。

贅沢な時間を過ごすことができます。

 

化け地蔵

むかしむかし、疫病に悩まされた百済寺町民を哀れに思った百済寺の住職が、お地蔵さんを派遣させて、病を治したという言い伝えがあります。

写真真ん中奥

いまもなお、お寺から百済寺町に出張中。

公民館で安置しています。

 

 

食事処

足湯カフェ愛Landコロニー藤田屋

予約のみの対応です。

 

まとめ

自然がいっぱい広がる百済寺町。

非日常が味わえる空間です。

アクセスもいいのでぜひ来てみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です